HOMEO BLOGホメオスタイルのブログ

コラム

本社

2019.9.3

本社

シュフの気まぐれキッチンvol.7 『残暑のカラダを軽くする♪キュウリ一本サラダ』

皆さんこんにちは。
日本の夏は、ここ数年ますます強く責めてくる気がしますが、
夏疲れは大丈夫ですか?

 

9月に入ると、夜には秋の虫が鳴きはじめ、空も高くなって、カラダは秋の準備を始めます。
でも、実際には、日中の気温がなかなか下がってくれないので、

熱と水分がカラダにこもって、

全身がダル重い感じになりやすいのだそうです。

 

昔の人も、残暑のカラダのダルさ対策として、生活の中でさまざまな工夫をしていたようです。
食べものでは、くだものキュウリやゴーヤトマトアスパラセロリお茶などをこの時期に積極的に摂ると良いそうです。

 

今日は、むくみを解消してカラダを軽くする「キュウリ一本サラダ」をご紹介いたします♪
ドレッシングには、免疫力アップ・日焼け後の肌にもいいビタミンCをプラスしましょう♪

『キュウリ一本サラダ』

まずは材料です。
<材料>
・キュウリ   1人1本!

<ドレッシングの材料>
・レモン果汁  1個分
・しょうゆ   30~50㏄
・塩・黒コショウ少々
・サラダ油   50㏄
・はちみつ   少々
※面倒なかたは、市販のフレンチドレッシングにレモン果汁と少量の砂糖かはちみつを加えるだけでもOK

 

次に作り方です。
キュウリにひたすら切れ目を入れて、ドレッシングをかけるだけ~♡

<作り方>

1、 洗ったキュウリの両脇に割り箸を添えて、
切り落とさないように(割り箸の厚み分がつながっている状態)斜めに細かく切れ込みを入れます。

19/08/31 19:54:53

2、 キュウリを裏返して、同じように切れ込みを入れます。

表の切れ込みと裏の切れ込みがクロスする角度で包丁をいれます。

19/08/31 19:56:35

いわゆる「蛇腹キュウリ」のできあがり♪

3、一本のまま、または食べやすい長さにちぎり、
レモンドレッシングをたっぷりかけて、冷蔵庫で、しばらく冷やします。

4、食べる時に、他の食材(くだものなど)も合せてお皿に並べ、上からレモンドレッシングをかけなおしてもイイですね♡

20190903_003659

今回は、残暑のカラダに良いといわれる「ブドウ」「イチジク」をあわせました

コチラは一人用

19/08/31 20:02:10
ドレッシングの作り方は・・・
 材料のレモン果汁、しょうゆ、塩、黒コショウを良く混ぜてから、サラダ油を足して味を確かめ、おこのみの量のはちみつを加えます。
しょうゆを多めにして、スダチをしぼると和風になりますよ♪CC

カラダが喜ぶ栄養をしっかり摂って、残暑を乗り切りましょう!⇒プララ♡

22+

フェイスエクササイズ体験