HOMEO BLOGホメオスタイルのブログ

ハウスブログ

横浜

2020.5.14

横浜

UCP1遺伝子

遺伝子は私たちの身体をつくるための設計図。自分がどんな設計図を持っているかを知ることで日々の生活習慣を見直すことが出来ます。それがホメオスタシスチェックです。そして細胞から若々しく元気な身体をつくりましょう。

【UCP1遺伝子】

脂質の代謝に関与する遺伝子です。褐色脂肪組織内でUCP1が活性化されると、熱を生み脂肪を燃やします。リスクのある人は脂質の代謝が苦手で皮下脂肪が付きやすい体質、一度冷えたら温まりにくい冷え体質ともいえます。食事に気を付け効果的な運動を取り入れましょう。

ベジタブルファースト

油の摂取を控えましょう。油っこい食事や揚げ物などを食べる際は、お野菜から食べるベジタブルファーストを心がけましょう。油の吸収を抑えられます。

褐色脂肪細胞とは

私たちの体にある脂肪は、脂肪をため込む白色脂肪細胞と、脂肪を分解し熱エネルギーをつくる褐色脂肪があります。皆さんが知っている脂肪は白色脂肪だとおもいます。褐色脂肪は赤ちゃんの頃は自分の体温を下げないよう体を守るため全身にありましたが、成長とともに減少していきます。大人は主に肩甲骨、肩甲骨の周り、首、わきの下などに存在します。褐色脂肪を活性化させ効果的に脂肪燃焼させましょう。

褐色脂肪細部

褐色脂肪を燃焼させる運動

肩甲骨周りを動かします。腕を回したり、腕を上下させたりすることで肩甲骨をしっかり動かしましょう。首も同様ゆっくり回したり上下左右に動かしましょう。わきの下は手で圧をかけたりマッサージして刺激を与えましょう。

おすすめサプリメント

スリミングサプリメント ミトバーン

スリミングサプリメント ミトバーン

ミトバーンの中にあるCUT粒は脂質の吸収を抑え、またこのサプリを飲むことでUCP1遺伝子を114%活性化させることが分かっています。

30+

フェイスエクササイズ体験